【地獄絵図】私「もしもし」妹「お姉ちゃん助けて!襲わてるの!」私「え!?」男「ヤッホー!妹ちゃんと皆で楽しんでるよ〜^ ^」結果…

私「もしもし」妹「お姉ちゃん助けて!襲わてるの!」私「え!?」男「ヤッホー!妹ちゃんと皆で楽しんでるよ〜^ ^」結果…

この前、深夜の謎の電話による修羅場があった。

 

先週の出来事。

 

私→A(24)しがないOL。実家暮らし。

 

妹→B(22)アパレル店員。一人暮らし。

 

平日の夜中3時ごろのこと…

爆睡中だった我が家に電話の音が鳴り響いた。

 

夜中の電話って、ろくな連絡があった試しがない。

 

事故の知らせとか、誰かの訃報とか…

 

特に妹が一人暮らしをしているので、

「もしやBに何か!?」

と、母が慌てて電話を取った。

 

 

父も私も、

「誰から?」

と母の顔を覗き込む。

 

すると凍りついている母の顔。

 

え?と思う間もなく、

母「A、Bちゃんから電話…」

と、受話器を渡された。

 

Bは寝てるってわかってる時間帯に、

無駄な電話をするような子ではない。

 

しかも私宛なら、なぜ家電にかけてきた?

と思ったら、

(あ、私の携帯充電、電池が切れてる…

だからこっちにかけてきたのか。納得)

といった様々な思考が、一瞬で頭の中を駆け巡った。

 

受話器をとった瞬間、大勢の人の声。

 

「???」

と思いつつ妹の名を読んだ。

 

「B?どうしt」

 

「お姉ちゃああああん!!」

次のページへ>>